AGAでコンプレックスを打破|病院に相談することから始めよう

性別に見られる特有の原因

中年女性

ホルモンバランスの影響

女性は一定の年齢になると、薄毛に悩まされる人が増えてきます。その原因として挙げられるのは、加齢や更年期障害、そして妊娠によるホルモンバランスの乱れです。だいたいこのような原因が主となってくるため、徐々に薄毛が目立ってしまうようになるのです。女性ホルモンのエストロゲンには、髪の再生能力や抜け毛を防ぐ効果があります。しかし、女性に訪れる現象から次第に女性ホルモンが減少してしまうため、薄毛を避けるのは難しくなります。これらを改善していくには女性ホルモンを促す対策と同時に、抜け毛防止や発毛につながる対策も欠かせません。女性ホルモンを補う対策はいろいろとありますが、今の状態を改善させるには即効性のある対策が必要です。そのためには、薄毛改善の治療や育毛剤の使用も効果を発揮してくれます。

具体的な対策

女性に多い抜け毛の状態には、髪全体が薄くなる瀰漫性脱毛症、そして出産後に抜け毛が増えてしまう分娩後脱毛症があります。こういった症状は特に多く、やはりホルモンバランスの影響は大きいです。しかし、こういう原因であっても、専門の治療や育毛剤の働きで症状を抑えていってくれます。治療では投薬や頭皮ケアなどが行われ、生活習慣におけるアドバイスもしてくれるのでとても頼りになります。女性専門のクリニックが多いため、気軽に治療が受けられるメリットがあります。また、育毛剤も男女別に分けられて販売されていることも多く、気にせず購入することができます。以上のような対策を続けることで、薄毛に悩まされることもなくなります。薄毛は男性に起きるイメージが強いですが、女性でも起こりえることです。ここ最近は症状に悩む人が増えてきたこともあり、いろいろな対策が広がっています。